金利の設定は重要なポイント

キャッシング業者からお金を借りる時は不安がたくさんあります。例えば申し込みから契約までの手続きがうまく行くのかとか借りたお金をしっかり返済出来るのかとかいろいろあると思います。特に返済に関しては利息が付いてしまうから余計に不安になってしまいます。そのためキャッシング業者を選ぶ時には金利の設定は重要なポイントです。

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが金利設定は大幅に異なってきます。まず金利を見る時には申し込んだ時に適用される事が多い最高金利を確認します。最高金利の設定は一般的に銀行カードローンが約14.5%、消費者金融は約18%に設定されています。数字だけ見ると銀行カードローンの方が設定が低いのですが、銀行カードローンの中でも業者によって変わってきます。みずほ銀行カードローンは14%で銀行カードローンの中でも低い設定で以前は消費者金融だった新生銀行カードローン レイクは現在銀行カードローンなのに最高金利の設定は18%で消費者金融の時のままです。こういった感じで大幅に異なっているので事前に確認しておく必要があります。

金利が高いと利息が多く付いてしまうわけなのですが返済期間を短縮する事によって利息を減らすという方法もあります。返済期間が長期に渡ってしまうとその分利息も多くついてしまい支払う金額も当然多くなってしまいます。返済期間を短縮する事によって利息を減らし支払う金額も減らす事が出来るのです。