本人確認で気をつけるべき2つの点

キャッシングでは、必ず本人確認があります。

そもそも金融商品の申し込みには、様々なパターンがあるのです。中には、あまり好ましくないパターンも見られます。

金融商品の申し込みをしている方は、必ずしも本人とは限りません。全く別の方が、その商品の申し込みをしているケースもある訳ですね。いわゆる成り済ましです。それを防止する為に、金融会社では冒頭の本人確認を行っている訳です。

本人確認の方法は、いわゆる書面で行われる事になります。ちなみに、主に身分証明書で行われるケースがほとんどなのですね。

例えばパスポートや免許証などです。そのコピーなどを金融会社に送付する事によって、最終的な本人確認が完了する訳ですね。

ところで本人確認の為の書類は、2つの点が重要になってきます。まず1つ目ですが、日付などには注意を要するでしょう。

というのも本人確認の書面は、有効期限などがあります。いわゆる期限切れの書面を提出してしまう事例も、意外と多く見られるのですね。それで再提出になってしまえば融資も遅れてしまいますので、期限には気をつけた方が良いでしょう。

それともう1つは、現在の住所と一致しているか否かです。現在住んでいる住所と異なる記載がある場合は、やはり再提出になってしまうケースがあります。もちろん、それも融資の遅れになってしまいかねません。

ですのでキャッシングの本人確認の際には、上記のような書面に関する点を、よく確認するのが望ましいでしょう。