消費者金融と銀行系カードローンの金利差

一般的に銀行系カードローンと消費者金融では、前者の方が金利面では安いというのは常識的なところだと思います。

両者の金利の差というのはおおよその範囲でスト、上限レベルですとおおよそ4%から6%くらいは平均して差があります。

場合によっては上限金利が50万円や100万円くらいでも金利差が6%から8%くらいさが付くようなケースもありますので、

少額レベルですとかなり大きな差になってしまうようなケースがあり得るというわけです。

下限金利については借入限度額の設定にもよりますが、こちらもおおよそ2~4%くらいは差があるといっていいでしょう。

それくらい、金利面では銀行と消費者金融では差があるといっていいでしょう。

キャッシング業者を比較する際にはどこを注目すべきか?

キャッシング業者を比較するときにどの面を比較して選ぶ基準にすれば良いか、なかなかまとまらないことがありますよね?どこも一緒のように見えて実は結構違うのがキャッシング業者。比較基準を2点紹介します。

1つは即日融資が可能か?急いでお金が必要という方はここを注意しましょう。銀行系の業者は金利が低いものの即日融資に対応していないケースがありますので、金利だけに目が行ってしまうと見落としてしまいますので要チェックです。

もう1つは金利面でのキャンペーンがあるか?金利が高い業者でも初めてご利用する場合は金利が無料というキャンペーンを行っている場合があります。このようなプランは積極的に活用しましょう。キャッシングは借り入れ期間が長くなるに従って金利の支払額が大きくなります。無利息となればかなり返済額に影響するのです。

しっかり比較してより良いキャッシング業者を見つけましょう。

ノーローンでキャッシングをする人が増えてきている2つの理由

新生銀行の子会社のシンキ株式会社が運営しているノーローンという中小の消費者金融があります。アコムやプロミスなど大手の消費者金融に比べると規模や知名度は低くなってしまいますが、ここ数年でノーローンでキャッシングをする人が増えてきています。そこでなぜノーローンでキャッシングをする人が増えてきているのか理由を挙げていく事にしましょう。

・柔軟な審査をしてくれる

大手の消費者金融は過去にクレジットカードの滞納など金融取引でネガティブな履歴が信用情報に残っていると審査が不利になります。それで安定した収入を得ているのに審査に落とされてしまう事もあります。しかしノーローンは柔軟な審査をしてくれるので過去と現在をしっかり区別してくれます。それで過去に問題があっても現在がしっかりしていれば審査が可決されます。

・1週間の無利息サービスがある

大手の消費者金融は初回だけ30日間の無利息サービスがあります。それで既に利用した事がある人は初回の借り入れの時から利息が加算されていきます。しかしノーローンは既に利用した事がある人でも1週間の無利息サービスが適用されます。それで大手の消費者金融よりお得にキャッシングをする事が出来るのでノーローンを選ぶ人が増えてきています。

中小の消費者金融を利用する時に把握

急な冠婚葬祭や月末になって生活費が足りなくなってしまったときにキャッシングをして資金を調達することは賢い選択です。生活費をやりくりする専業主婦がキャッシングをするときに、なるべく家族に内緒にしたいと思いがちです。しかし、専業主婦の人が銀行カードローンを家族に内緒で利用することは難しいです。

ただ、主婦でも週に何回かパートやアルバイトをしているのならば、家族に知られないようにお金を借りられる便利な手段があります。それは、銀行が行っているカードローンを利用することです。銀行のカードローンは、一時的にお金を借りたい主婦に非常に人気があります。

消費者金融でお金を借りることに抵抗がある主婦でも銀行なら安心です。また、なるべく金利が低い方がいいと願う主婦にとってカードローンは非常におすすめできます。なぜならば、消費者金融よりも銀行のカードローンの方が金利が低いケースがありがちだからです。また、キャッシングは手続きが面倒というイメージがありがちです。

消費者金融だと家族の同意が必要なケースが多いです。しかし、銀行のカードローンに申し込むときには、本人であることを証明する確認書類を提出するだけでいいので非常に楽ちんです。

キャッシング業者を選ぶ時に重視するポイント

キャッシング業者を選ぶ時のポイントは何を重視してお金を借りるかというのを明確にします。金利、即日融資に対応、無利息期間のサービスがあるなどいろいろあると思いますが、人それぞれ借りる金額や返済期間などが異なってくるので自分にあったプランを選んでいく事が大切になってきます。

金利を重視する場合は金利設定が低い銀行カードローンになります。最高金利を見てみると銀行カードローンは14~15%に対して消費者金融は18%に設定されています。金利がこれだけ違うと当然利息も違ってきてしまいます。少しでも返済額を減らしたいという人は銀行カードローンにした方がいいでしょう。

即日融資に対応する場合は消費者金融になります。銀行カードローンは審査を慎重にやるので時間がかかってしまいます。そのため融資を受けるまでの時間もかかってしまいます。消費者金融の場合は金利が高いというマイナスな面はありますが、即日融資に対応しているし少額の借入なら金利が高くてもそれほど問題ではありません。

無利息期間のサービスを利用したいという人はやはり消費者金融になってしまいます。アコム、プロミスが30日間無利息のサービスを提供していて特にこのサービスを有効活用出来るのは少額の借り入れの時です。少額の借り入れだと無利息期間内での返済が可能で無利息にしてしまう事も出来ます。金利が高い消費者金融を利用するのに欠かせないサービスです。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が対象なのでそれ以外の人は利用する事は出来ません。