銀行ローンの特徴と知っておくべきこと

カードローンは、2種類あり銀行が提供している銀行カードローンと消費者金融が提供しているカードローンです。カードローンはお金を借りる事になるので、計画性が大事になりますが融資限度額の範囲内で借りることが出来て、返済を分割して行うことが出来る便利なサービスと言えます。

銀行ローンと消費者金融ローンでは大きな違いがあるので理解しておくことをお勧めします。銀行ローンでは、消費者金融ローンに比べて低金利で借り入れが可能と言う事です。下限の金利も上限の金利も消費者金融のカードローンと比べると低い水準になっているので、金利が低いと返済の際に必要な利息が少なくて良いので、返済の負担が少なくて済むメリットがあります。

銀行ローンの特徴として、カードローンに必要な審査では消費者金融のカードローンに比べて低金利や借入限度額が大きいので、借入の条件が良いのですが、厳しくなっています。銀行カードローンは、比較的生活にゆとりがある人を対象にしていて、お金を融資してもしっかりと返済できる可能性が高いと判断される必要があります。

審査は厳しい特徴がありますが、銀行カードローンには、本人に収入がない場合でも配偶者に収入があると融資が可能なカードローンも存在しています。

困った時に使えます。

今の消費者金融は以前と比べて利用しやすくなったと感じます。会社によってサービスの差はありますが、利息が付かない月があったり無利息の期間があったりして、借り手の気持ちを汲み取ってくれる部分があるからです。それに年収に応じた金額の借りられる金額が決まっているのである意味安心です。

必要以上に借りてしまう事がないからです。審査結果もすぐわかりますし、通ったのであればその日の内に借りる事も出来るので何不自由なくキャッシングが可能となります。銀行だとある程度の期間が必要となりますがそれでも問題ないと思います。

消費者金融の場合、利息が高めですが、早期回収が見込める内容でのキャッシングであれば全く問題ないはずです。計画的に借りて、計画通りに返済できればとても有効な手段として使えます。

何に使うかは自己責任ですが、有意義なお金の使い方をしたいです。自分の場合どうしても月半ばに40万円を用意しなければいけなくなってしまったのですが、三ヶ月後には確実に返済できる内容だったので迷う事なく審査をお願いして、融資可能と判断されたのですぐに借りました。

そのおかげで非常に助かりました。予定通り三ヶ月後には全額返済でき、むしろ私の貯蓄が増える事に成功したのですから。

アルバイトのキャッシング

アルバイトであろうともキャッシングサービスを利用することはできますから心配することはないです。むしろ、アルバイトのような方々こそ、絶好の顧客となりうることを消費者金融などはよく知っています。そもそもアルバイトをしている、ということは収入はあるわけですから、それは心配することはないのです。

そうした意味ではかなり問題はないといえるのですが、それでも注意しておいた方がよいことはいくつもあります。それが他社からも借りているときの総量規制になります。単独では年収の三分の一を超えていないとしても他社からのも含めてですと超えてしまっている、ということがあります。

これでは貸してもらうことができないのです。これはアルバイトであるから云々というわけではなく、純粋にそうした貸付に関する総量の規制がある、ということになっています。

そこをよく理解しておきましょう。アルバイトであろうとも借りることは不可能ではありませんが、こちら側でしっかりと書類を揃えておく必要性があることも多くありますから、それはよく知っておきましょう。確実に身分証などは持っていくことが必須であり、それがないとそもそも誰なのかわからないので貸せないのです。

キャッシングの返済の仕組み

キャッシングの返済は約定返済と呼ばれる方式で、毎月一度、もしくはそれに近い頻度での返済を繰り返していきます。毎月の返済額が1万円だった場合に、今月は厳しいので返済せずに来月一気に2万円を返すといったことはできません。返済日には必ず返済額以上を支払う必要があります。

また、この約定返済として扱われる期日の範囲というものがあります。例えば返済日が毎月25日だとすると、その10日前から返済日までに返済を行うとその月の返済を行ったという扱いになるシステムです。具体的な範囲はキャッシング会社によって異なりますが、この範囲以外の日に行った返済は任意返済という扱いになり、約定返済とは別になります。

任意返済を行った分はそのまま借入残高より差し引かれますが、返済日にはそれとは別に決められている約定返済を行わなくてはいけません。つまり、上記の例で毎月15~25日に行った返済が約定返済と扱われるキャッシングで13日に返済を行うと、また25日までに返済を行う必要があるという訳です。

余裕がある時にすすんで任意返済を行うことで、今後の返済金額や返済回数を減らせたり、それによって金利の面でも得をすることができますが、返済日の支払いとは別だということを覚えておいてください。あまり余裕がない時に任意返済を行ってしまうと、返済日の支払いが行えなくなってしまうかも知れないので注意してください。

使えるうちは天国、使えなくなると地獄それがカードローン

いつも利用していたガソリンスタンドの店員さんに進められたのが、ガソリンスタンドの会員カードでした。キャッシングもできるクレジットカードです。
ガソリンスタンドの会員カードを作ると、ガソリンはもちろん、灯油や洗車も価格が安く、お得になるし、現金を持っていなくても利用できるので、クレジットカードを契約しました。

助かったところは、明日急に出費がって時や、突然の出費、お給料日まであと少しだけど、金欠でどうしよう、というときにはとても助かりました。
コンビニエンスストアのATM ですぐに引き出しができること、返済が厳しいときにリボ払いにできたり、分割払いにできたりとても助かります。
困ったことはやっぱり利息ですね。リボ払いにしたり分割払いにできるのは助かりますが、利息がかさばり、返しても返しても、なかなか完済できなかったのが困りました。

やはりご自分の返済能力をしっかり考えて、本当に必要なときにだけ利用するようにしたほうがいいですね。もしものときのために1枚は持っていてもいいかと思います。
お金がなくても買い物できちゃうからどんどん使っちゃいがちですが、自分が今どれだけ使ったかはきちんと把握しておいてください。

即日融資が可能なカードは?

どうしても今日お金が必要だ。こんな状況を経験された方も多いのではないでしょうか。手持ちが無い場合はどこからか借りる必要があります。ただ、借りる手続きに時間がかかってしまい、その日のうちにお金を借りることができなかったとなると本末転倒です。そういった状況にならないためにどういう方法をとるのがベストなのでしょうか。

一般的にキャッシングするには、消費者金融と銀行系のカードローンが考えられます。

ただ、銀行系のカードローンは審査が消費者金融と比べ厳しいため、時間がかかるという点と、お金を振り込んでもらうための口座が必要になるため、即日の融資が難しい場合が多いです。その点消費者金融は貸し出しまでのスピードには自信をもっている会社も多いので、即日融資を考えるならば消費者金融を選択した方がいいと言えます。

ただ消費者金融を選択しても、融資方法で口座振り込みを指定すると、銀行の営業時間内に申し込み後の審査が完了する必要があるために、口座振り込みを指定しないほうがいいでしょう。引き出し方としては、各会社の指定のカードを無人契約機で取得すれば、無人契約機の営業時間内ならばいつでもお金を引き出すことは可能です。無人契約機の営業時間は各会社によって異なりますが、22時前後までは対応が可能なのでおすすめです。

返済する時の心構え

消費者金融は即日融資に対応しているのでお金をすぐに借りる事が出来るというメリットがありますが、金利が高く設定されているので利息が多く付いてしまうというデメリットもあります。中には無利息期間のサービスを提供している業者もありますが、初めて利用する人が対象になるので既に利用した事がある人は無利息期間のサービスを受ける事が出来ません。そのため消費者金融は利用する時は返済の仕方には気を使っていかないと困ってしまう事もあるので注意が必要です。

消費者金融でお金を借りた時は1日でも早く返済するという心構えが大切です。返済が長期に渡ってしまうとその分利息も多く付いてしまうので返済する金額はどんどん膨れ上がってしまいます。業者によってはATM手数料もかかってしまう場合もあるので1日でも早く返済するという事を徹底しなければいけません。

お金を借りる時はATMを利用する事が多いと思いますが、ATMを利用する時というのは自分の普通預金からお金を下ろしているのと同じ感覚になってしまう事が多くあります。そのため消費者金融からお金を借りているという事を忘れがちになってしまいます。しかも手軽にお金を借りる事が出来てしまうのでどんどん借金を増やしてしまいます。しかしそれでは借金がどんどん増えて返済しても借金が減っていかない状態になってしまうので借金しているという事を忘れないようにしなくてはいけません。自分が現在いくらの借金があるのかをパソコンやスマートフォンにメモ欄に入力して見える状態にしておくと良いでしょう。

本人確認で気をつけるべき2つの点

キャッシングでは、必ず本人確認があります。

そもそも金融商品の申し込みには、様々なパターンがあるのです。中には、あまり好ましくないパターンも見られます。

金融商品の申し込みをしている方は、必ずしも本人とは限りません。全く別の方が、その商品の申し込みをしているケースもある訳ですね。いわゆる成り済ましです。それを防止する為に、金融会社では冒頭の本人確認を行っている訳です。

本人確認の方法は、いわゆる書面で行われる事になります。ちなみに、主に身分証明書で行われるケースがほとんどなのですね。

例えばパスポートや免許証などです。そのコピーなどを金融会社に送付する事によって、最終的な本人確認が完了する訳ですね。

ところで本人確認の為の書類は、2つの点が重要になってきます。まず1つ目ですが、日付などには注意を要するでしょう。

というのも本人確認の書面は、有効期限などがあります。いわゆる期限切れの書面を提出してしまう事例も、意外と多く見られるのですね。それで再提出になってしまえば融資も遅れてしまいますので、期限には気をつけた方が良いでしょう。

それともう1つは、現在の住所と一致しているか否かです。現在住んでいる住所と異なる記載がある場合は、やはり再提出になってしまうケースがあります。もちろん、それも融資の遅れになってしまいかねません。

ですのでキャッシングの本人確認の際には、上記のような書面に関する点を、よく確認するのが望ましいでしょう。

金利の設定は重要なポイント

キャッシング業者からお金を借りる時は不安がたくさんあります。例えば申し込みから契約までの手続きがうまく行くのかとか借りたお金をしっかり返済出来るのかとかいろいろあると思います。特に返済に関しては利息が付いてしまうから余計に不安になってしまいます。そのためキャッシング業者を選ぶ時には金利の設定は重要なポイントです。

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが金利設定は大幅に異なってきます。まず金利を見る時には申し込んだ時に適用される事が多い最高金利を確認します。最高金利の設定は一般的に銀行カードローンが約14.5%、消費者金融は約18%に設定されています。数字だけ見ると銀行カードローンの方が設定が低いのですが、銀行カードローンの中でも業者によって変わってきます。みずほ銀行カードローンは14%で銀行カードローンの中でも低い設定で以前は消費者金融だった新生銀行カードローン レイクは現在銀行カードローンなのに最高金利の設定は18%で消費者金融の時のままです。こういった感じで大幅に異なっているので事前に確認しておく必要があります。

金利が高いと利息が多く付いてしまうわけなのですが返済期間を短縮する事によって利息を減らすという方法もあります。返済期間が長期に渡ってしまうとその分利息も多くついてしまい支払う金額も当然多くなってしまいます。返済期間を短縮する事によって利息を減らし支払う金額も減らす事が出来るのです。

キャッシング業者を選ぶ時に重視するポイント

キャッシング業者を選ぶ時のポイントは何を重視してお金を借りるかというのを明確にします。金利、即日融資に対応、無利息期間のサービスがあるなどいろいろあると思いますが、人それぞれ借りる金額や返済期間などが異なってくるので自分にあったプランを選んでいく事が大切になってきます。

金利を重視する場合は金利設定が低い銀行カードローンになります。最高金利を見てみると銀行カードローンは14~15%に対して消費者金融は18%に設定されています。金利がこれだけ違うと当然利息も違ってきてしまいます。少しでも返済額を減らしたいという人は銀行カードローンにした方がいいでしょう。

即日融資に対応する場合は消費者金融になります。銀行カードローンは審査を慎重にやるので時間がかかってしまいます。そのため融資を受けるまでの時間もかかってしまいます。消費者金融の場合は金利が高いというマイナスな面はありますが、即日融資に対応しているし少額の借入なら金利が高くてもそれほど問題ではありません。

無利息期間のサービスを利用したいという人はやはり消費者金融になってしまいます。アコム、プロミスが30日間無利息のサービスを提供していて特にこのサービスを有効活用出来るのは少額の借り入れの時です。少額の借り入れだと無利息期間内での返済が可能で無利息にしてしまう事も出来ます。金利が高い消費者金融を利用するのに欠かせないサービスです。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が対象なのでそれ以外の人は利用する事は出来ません。